« 肯定的関心を持って関わるー子どもへの眼差し | トップページ | 対面での交流会が終わりました。 »

肯定的関心を持って関わるーそして逆境を体験させる

🎨

前回の記事では、

「肯定的関心を持って関わる」ことで

共感が生まれ、

心から分かち合ってくれた相手に信頼が生まれ、

そして愛着関係を築くことで

自己肯定感が育まれ

その後、健全な社会との関わりを持つようになると書きました。

🎨

そして、もう一つ、

大事にしてほしいことがあります。

それは「逆境を体験」すること、

言い換えると「失敗すること」を大事にする。

🎨

今回は、私の子育て経験からエピソードをお話しします。

🎨

私は、子どもが生後3ヶ月の時、

すでに声帯にポリープが3個できるほど

毎日、毎日 泣かせていました。

「あら、ハスキーな声の赤ちゃんね!」なんて

声をかけられましたが、

今だったら、虐待を疑われるほど

四六時中泣いてばかりの赤ちゃんでした。

夜泣きも、毎晩3時間。

しかも、全身全霊で 大泣きです。

アトピーもありましたから

泣いて かきむしって、血だらけです。

とても「肯定的関心を持って関わる」なんて

できる状況ではありません。

🎨

母乳育児相談所の故・山西みな子先生に出会い、

15分おきに授乳するという方法を教えていただき、

嘘のように 泣き止みましたし

コロッと寝るようになりました。

🎨

それから

この子は、他の人と何かが違うから

普通の育て方じゃダメだ!と思い、

育児書を 本屋1軒分読みまくりました。

そして すべて 子どもに拒絶されました。

🎨

子育てに関しては、

もうお手上げ状態で 頭、真っ白。

仕方がないので、

子どもをよくよく観察するようになりました。

幸いなことに 先入観なしにすることができました。

🎨

そして試行錯誤して、

子どもが一番生き生きとする関わり方が

「肯定的関心を持って関わる」ということだったのです。

🎨

さて、

子どもにとって 初めての「社会」は幼稚園でした。

3歳から入れましたが、毎日お土産付き。

トイレに間に合わないほど

必死に 頑張っていたようで、

お迎えに行くと、ホッとするのか

私の顔を見た瞬間、毎日 大泣き!

ちょっと早かったかな?と思いつつも、

担任の先生の 暖かいサポートがあり、

年中さんからは、人が変わったように

活発になり、幼稚園大好きな人になりました。

🎨

次なる「社会」は、小学校です。

大人の歯が生え始め、

ファンタジーに生きていた子どもたちが

現実世界に目覚め始めてくる年齢です。

なので、7歳から小学校で学ぶのは

一般的な成長段階からすると

ちょうど良いのかもしれません。

🎨

ですが、それも個人差があり

私の子どもは、ファンタジーの世界にいることが長く、

大人の世界を持った今も、

ファンタジーの世界の子ども心を忘れずに持ち続けています。

🎨

大体 10歳前後くらいで、

子どもの世界から卒業し、

大人の世界を生き始めます。

🎨

大人の世界と、子どもの世界の大きな違いは何かというと

簡単に言えば、現実的な因果関係が認識できるということです。

そうなると、だんだん物事を客観的に見れるようになりますし、

論理的に考えることを始めます。

ここからは、どんどん失敗する体験を

できる限りしてほしいのです。

🎨

それまで「肯定的関心を持って関わる」ことをしてきましたので

自己肯定感は、しっかり育ってきています。

すると

失敗した事実と、自分の存在を、分けて考えられるようになります。

失敗したことで、自己否定や自己逃避し、

引きこもりになったりはしません。

事実をしっかりと見て、

その失敗と どう向き合い、どう学ぶかを

親が助けられる未成年の間に

どれだけ出来るかが 

その後の人生を生きる上での 宝になります。

🎨

我が家の場合、

たっぷりと子どもの世界である、

ファンタジーの世界に浸っていたので

現実世界になかなか馴染めず、

不登校になりました。

🎨

ところが、

小5の夏、

地元の劇団主催の演劇で、

6日間8公演 準主役をやり通したことから

自信がついたのでしょう。

現実世界で やっていける自分の力も実感したのでしょう。

中学受験をしたいと言い出しました。

さらに、Violinのコンクールにも参加したいと言い出しました。

前年も同じ話をいただいたのですが、

その時は審査員の目が怖いから絶対に嫌だと言っていた人が、です。

🎨

その様子を見ていて、気づいたことがあります。

それは、

ステップアップするために

人は自ら 自分に課題を科す存在だ

ということです。

🎨

それまで、いろんな場所で

親子で参加し、

私も失敗するところを見せたし、

またそこからどうやって学んで行く姿も見せました。

そして、子ども自身も 失敗し

私の目の前で 

問題を起こしたり、失敗をしてくれたおかげで

どのように受け止め、対処して、

そこから 何を学び、

どう活かしていくか ということを、

子どもの理解力に合わせて サポートしてきました。

🎨

その積み重ねがあったので

中学受験という大きな目標を自ら立てたとき、

自ら 課題を科すようなことをしたのだと思います。

🎨

不登校という逆境も、

その後の生活には なんら支障なく、

それより、不登校の時に

たくさんの いろんな人に出会い、

いろんな体験をして

失敗したり、成功したり

可愛がってもらったり

怒られたり

脅されたりした おかげで、

人怖じせず、

私より コミュニケーション上手です。

🎨

そういう発想の転換を練習できるのが

”モノつくり”です。

最初は 指先が、うまく動かなくて 失敗ばかりします。

だからこそ、出来上がったモノは、

とても 愛おしく

ちょっと汚れてたり

歪だったりするところが

努力の後でもあります。

🎨

心の成長に関して

他にも 親がしてあげられることが

あるかもしれません。

でも、意外に できることは

少ないんですよね。

🎨

過干渉になりすぎず、ネグレクトにもならず

ちょうど良い 距離感を持つには、

子どもたちの”モノつくり”の中にヒントがあります。

そのヒントを 一緒に探すお手伝いもいたします。

気軽に声をかけてください。

 

 

 

 

 

 

|

« 肯定的関心を持って関わるー子どもへの眼差し | トップページ | 対面での交流会が終わりました。 »

アトリエ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。