« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年4月

20190406 キンダークラス

🎨

子どもって 突然 絵が上手になる!

(実は、大人も同じです)

🎨

Img_9519

🎨

お人形の洋服作りが マイブームなKちゃん。

布地と布シール、または粘土を駆使して

好みのデザインになるよう試行錯誤を続けていましたが、

前回くらいから デザインがシンプルになり

作りたいイメージをはっきり持って創作するようになりました。

🎨

今日も ひとしきり洋服を作っていましたが、

最後に イラストを見ながら絵を描きました。

前回までは 形がうまく捉えられず

何回描いても 思い通りの線が描けなかったのに

今回は、迷いのない線で、画用紙内にバランスよく

描いています。

🎨

今まで描いてきた絵を脳内で振り返りながら、この絵を見ると、

いろんな面で 能力が伸びていることが伝わってきます。

私からは 色彩心理の視点から受け取ったことを

そして 親御さんからは 日頃の様子、また作品を見ての感想などを

お互いに 分かち合いながら、

子育てに役立ててもらい、

また 私は次のアトリエの場作りに 生かしていきます。

🎨

今日は、Kちゃんの成長が 大きく感じられた日でしたが、

実は 大人になってからも 同じことがあります。

「絵が描けないんです・・・」と言っていた親御さんが

アトリエの子どもたちの作品に 五感を通して触れたり、

実際に 塗り絵セラピーを体験されたりするうちに

毎日絵を描いていなくても

何年か後には

突然 描けるようになったり 

ハッとするような 輝きに満ちた絵を描いたりします。

絵を描けたらいいなぁと思っている大人の皆さん、

今からでも 遅くはありません!

楽しんで 心地よく 描き始めましょう!

🎨

 

 

 

| | コメント (0)

20190405 キンダークラス

🎨

自由表現、自由創作のアトリエなので、

表現しない、作品を作らないことにも

意味があると考えています。

なかなか 表現しなかったり、

作品を作らなかったりした時には

それまでの創作の様子や、成長に合わせて 

画材を提案してみたりします。

ネガティブな表現として作らないのか、

ポジティブな表現として作らないのか、どちらなのか

ゆっくりと様子を伺います。

🎨

Tくんは、アトリエに入会以来、

お家でも アトリエでも たくさん創作していましたが

年を明けてから、創作の手が止まっています。

様子を伺っていると、

ワンステップ進んだ表現をする前の

充電時期のようです。

🎨

コミュニケーション力も高まっていて、

私とのおしゃべりも弾んで 楽しいし、

自分の世界を 誰かと おしゃべりすることで 

共有したがっているようにも見えます。

🎨

子どもたちの創作の刺激になれば…と

私も いくつか創作しているものがあります。

そんないくつかある、

私が創作途中のものの中から 

今日は 恐竜を選びました。

その恐竜の壊れてしまった尻尾を修理しながら

Tくんの世界が、どんどん広がり お話が展開していきます。

そして横目で、チラリと 私の創作の様子を観察。

※今日は、恐竜に色を塗りました。(まだ途中です)

 

Dsc_0419

🎨

こうやって、今のTくんの成長欲求に応えながら

創作の様子を見せることで 刺激になると良いなぁと

Tくんの反応を見ながら

次なる提案を考えています。

🎨

 

 

 

 

| | コメント (0)

アートすることは・・・

🎨

健康じゃないと いい音が出ない。

どんな音が良いか悪いか、

そもそも 良い悪いと 二極化してスタートするところからして

誤った前提を持っているのかもしれないけれど、

楽器本来の音を引き出すには、

私自身も 心身ともに 健康であることが大事。

でも どんなに自分を整えて、無になろうとしても

所詮、「私」というのフィルターがかかってしまうのは避けられない。

今の 私の全てが、音になってしまう。

🎨

逆の見方をすれば、

音を聴くことで自分の心身の状態がわかるので

自分にとって必要な手当てがわかるし、

場合によっては、楽器の音によって

元気になることもある。

絵を描くこと、工作することも同じ。

料理することも、掃除することも同じ。

生きていることとも 同じ・・・というところまで 行き着くのだろう。

🎨

アートするとは、特別なことじゃない。

今 椅子から立とうとする時、

自分の身体の声に 耳を澄ませて 立ち上がる。

外から見れば、ただ 椅子から立つ動作としか見ないだろうけれど、

見えない内なる身体の声を聴く。感じる。

これも アートだと思う。

声を聴くことで 次の行動が決まる。

これを 絵を描くこと(目に見える動作)に置き換えれば、

自分の心や身体、感覚を聴く(目に見えない内なる声)。

そして 次なる動作が決まり、うまくいけば 最後に作品が出来上がる。

🎨

もっと言えば、一瞬一瞬 聴いて 動いてを繰り返すことは、

今を生きることにつながっていると思う。

🎨

 

 

 

| | コメント (0)

新元号の発表について感じたこと

🎨

新元号の発表がありましたね。

典拠は日本最古の歌集「万葉集」の巻五 三十二首の序文からだそうです。

🎨

美しく心を寄せ合う中で 文化など

生まれ育つという意味だそうです。

🎨

”心”も 

喜怒哀楽、様々な感情を感じる柔らかさを持っていないと

寄せ合うこともできません。

また、芯がしっかりしていないと

寄せ合う”心”が ありません。

この「令和」という新元号になった経緯の説明を聞きながら、

ますます 柔らかな心が 育まれていくよう

アトリエ活動も ゆったり ほっこり 時には激しく

子どもたちや 親御さんの 心に 寄り添いながら

やっていこうと 心新たにした 1日でした。

🎨

Dsc_0331

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »