« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

若葉風の通るところ

Img_3856

一瞬

空に 青が 広がりました。

Img_3855

輝く陽射しを受けて、

若葉風が 通り抜けていきました。。。

ツバメたちが 飛び回っています。

そろそろ 旅支度かな・・・。

| | コメント (1)

皐月の 淡いバラ

Img_3803

どうしようもなく、カサカサしてしまう こころ。

  ――  それでも いいよ。

Img_3804

本当の自分の想いを 言葉で伝えたいのに、

涙しか出てこない。。。

 ―― それでも いいよ。

やっと 見つけた 小さな あなたを

淡い 淡い ピンクで 

つつんであげる。

承認と

自己受容と、

あたたかさを。

| | コメント (0)

カオリモッコウバラ

20110516_0011

待ちに待った、カオリモッコウバラが咲きました 

大輪のバラも好きですが、

しなやかに 強く 野に咲く ワイルドなバラが 大好きです。

20110516_0041

今日もきれいだったので、思わず パチリ 

20110516_0051

カモミールも だんだん野生化してきて、良い感じです 

20110516_0061

ハルジオンも 撮って!とばかりに 笑顔を向けていたので、

パチリ 

| | コメント (0)

台風1号の雨に

Img_3620

Img_3623

| | コメント (2)

2011年5月、6月のアトリエの予定

<アトリエの予定>

◆キンダークラス(対象:3歳~12歳) 定員@1クラス:4名

キンダーA  第1,3土曜日 (10:30~12:00) 

5月7日、21日、6月4日、18日

キンダーB  第1,3土曜日 (14:00~15:30)  

5月7日、21日、6月4日、18日

キンダーC  第2,4土曜日 (10:30~12:00)  

5月14日、28日、6月11日、25日

キンダーD  第2,4土曜日 (14:00~15:30) 満員 

5月14日、28日、6月11日、25日

キンダーE  第2,4金曜日 (16:00~17:30)

5月13日、27日、6月10日、24日

◆プチ・クラス(対象:1歳半くらい~4歳)定員@1クラス:3名 
  第2、4金曜日 (11:00~12:00)

5月13日、27日、6月10日、24日

  ※振替はご相談ください。

◆ジュニアクラス(対象:小学校高学年~高校生)・大人クラス(かごやか)
  ※お問い合わせください。

| | コメント (1)

動き出すのを 待つ

「色彩」って本当に不思議です。

「色彩」に触れたり、表現することで、

すぐに気持ちに変化が表れる人もいれば、

「色を塗ったけど・・・、それで?」と、

その時変化に気づけなくても、それをしたことで、気がつけば早く抜けていたということもあります。

ぼんやり、窓の外の新緑の緑を眺めていたら、浮かんできたことがありました。

私の娘がアトピーだったおかげで、薬に頼らない手当法も勉強しました。

春の新芽は、冬の鈍った身体を刺激して、溜まった毒素を外に出すということなども学びました。

また、指圧や温熱療法などの、民間療法にも触れました。

いっぱいいろんなやり方があって、一つのツールだけで、こんなにもさまざまな考えが生まれ、それによって、さまざまなやり方が生まれるのか!と、感嘆した覚えがあります。

そのなかで、とても こころに残ったやり方があります。

それは、「やりすぎない」ということです。

指圧も、グイグイ押しすぎない。

(確かに、もみ返しは辛いですね…)

温熱療法も、あったまるまで やりすぎない。

ちょっと刺激して、本人の自然治癒力が動きだすのを待つ。

というスタンスなのです。

ここからヒントを得て「色彩」を考えるのなら、

「色彩」は、

こころのままに ぬることで

自分に必要な刺激を与えること

(どのくらいの刺激がいいかは、自分のこころが知っている)。

そして

こころの 自然治癒力が動き出すのを待つことでも

あるのかもしれません。

私は、意外とせっかちなので、

「色彩」を使うことで、すぐに効果を期待しがち。

でも、すぐに効果が表れないということは、

自分のこころにある色を表現することで、

こころの自然治癒力が刺激され、

自分なりのタイミングとテンポで

自分自身 自ら

動き出すのを待っているのだとしたら、

そういう 自分の こころの 再生力を

信じて 

「色彩」と遊びながら

待っていたいと思います。

| | コメント (3)

風がやんだので

Img_3491_2

風がやんだので、庭に出てみました。

昨年に引き続き、ラナンキュラスが 咲いています。

Img_3497

ラベンダーのつぼみ。

Img_3500

タイムの花々。

Img_3502

イチゴも 花咲く準備を着々と進めています。

今年は、レンゲソウがとっても元気。陽向の大半を占めています。

エキナセアも葉が元気に茂り、ミントや、見たこともない葉っぱを発見したり…。

ミニ・バッタが飛んでいたり、あちこち小さなスペースを探索していると、自分が小さな草の世界の住人になったような気分になります。

ホッと、癒される時間です。

少し 日常から 離れることも 大事ですね・・・

| | コメント (0)

クリアな 私

○○である私でありたい…

と、以前はよく思っていました。

○○に入る言葉は、例えば、「穏やか」「優しい」「まっさらな」「まっすぐな」など…。

だけど、色彩の勉強をしていると、そういう○○を目指して生きている自分が、だいぶズレていて、私の場合、「○○以外の自分は、ダメ!」みたいな、○○が囚われになっていることが多いことに、気づくようになってきました。

極端に聞こえるかもしれませんが、別に○○でなくてもいいんじゃないか・・・???と思うようになりました。

怒り、嫉妬、憎しみ、恨みなど、○○とは正反対の感情を感じてもいい。

それが、こころに溜まらなければいいんじゃないか?

○○が、いつまでもこころのなかにあると、それが囚われになってしまう。

それも、表現して、こころに溜まらない。

こころに 何かが、なるべく、溜まらないように、色彩で表現していると、自然と○○のような、クリアな自分になっているのではないか?

そんな気がしてきたのです。

そう思うと、いても経てもいられず、実験、実験!

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »