« 20101101 夕焼け | トップページ | 秋の読書週間 »

「あたらしい ぼく」

20101102_001

朝、目が覚めてみると、

「たしかに ぼくは ここにいるんだけど

 そのぼくは ぼくじゃないみたいなんだ」

今まで部屋に飾ってあった ぬいぐるみや、おもちゃが

自分のモノなんだけれど、自分のモノじゃないような…。

今までしていたこと、遊んでいたことが、

まったく したくなかったり、遊びたくなかったり、

友だちと 遊ぶのもいいけれど 

ひとりで いるのも いい

『あたらしい ぼく』

シャーロット・ゾロトウ文

エリック・ブレグヴァド絵

みらい なな訳

童話屋より

こんな瞬間に 立ち合うときが 最近ありました。

急き立てなくても、

自分のペースで、

その瞬間は、

やってくるものなのだ…と

信頼して待つことの大切さを

しみじみ 思いました。

|

« 20101101 夕焼け | トップページ | 秋の読書週間 »

子育て・自分育て」カテゴリの記事

センスオブワンダー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。