« イライラさせられることは… | トップページ | 無事 合格しました! »

どんな 小さなことでも できることがある

誰しも 無能感に浸ってしまう時があると思います。

2年くらい前かな?

どんよりとした気持ちで、朝 目が覚めた時、

ハーブティーを飲もうと、ティーバックを選ぶ。

ふと 目にした 文字

Hildegard

何語だか 知りません。

だけど、すぐに覚えてしまい、気になって仕方ありません。

さっそく調べてみました。

Hildegard 「ヒルデガルド」というのは、人の名前でした。

11~12世紀に生きた ドイツの女性です。

神学、哲学、医学、文学、音楽とさまざまな分野で独創的な思考を残し、幅広く活発に活動をしていたそうです。

ハーブティーは、その活動のひとつ、医学の分野で残されていた文献を元に配合されたもので、現在にも伝わるものだったのですね…。

あまりにも膨大な活動をなさった方なので、すべてを知ることは出来ないですし、その活動を 未熟な私が あれこれ言えるはずもありません。

ですが、無宗教である私であり馴染みも無く よく知らないはずなのに なぜだかわからないけれど、多方面に活躍するヒルデガルドさんのことを想うと、なんだか元気が湧いてきます。

どんなふうに想うのかというと、「何も出来ない」と無能感に浸っていた私のDNAの記憶(といったらいいのでしょうか?)のなかにも、彼女の功績はちゃんと記憶されているかもしれないと想ってしまうのです。

そうすると、気負いが外れて、無理に頑張ろうと、背伸びしようと思わなくなります

今の 等身大の私が できることを 少しずつしていこうと思えるようになってくるのです。

分をわきまえるとは こういうことを 言うのでしょうか?

呼吸ひとつでも、

なにかしら できることがある。

今朝、目が覚めた時に浮かんできた ヒルデガルドさん。

こうやって 書いてくると、

ここ何日間かの、自分の問いの、応えだったのかもしれませんね。

いま 気がつきました。

|

« イライラさせられることは… | トップページ | 無事 合格しました! »

子育て・自分育て」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。