« ききあい | トップページ | スモーキーグリーン »

冬至によせて

20091221_002

おはようございます 

師走に入って、みなさん、ますます忙しい日々をお過ごしのことと思います。

明日は、冬至。

運を呼び込むための禊として、ゆず湯で、今晩はゆっくりお休みくださいね。

冬至の時に、いつも思い出す体験があります。

あの時も、ちょうど今頃の季節だったと思います。ハコミ・セラピーというグループワークに参加していたときがありました。お世話になった助産院に集うママたちと一緒に活動していました。

「ハコミ」とは、アメリカのホピ・インディアンの言葉で「あなたは何者か?」という意味だそうです。こころと身体からのメッセージを探求していく方法をとります。

硬いこころの殻を少しずつほぐして、やっと自分のこころに触れるところまで来た時のワークでした。どんどんこころの内側に、メンバーに支えながら入っていくのですが、どこまでいっても真っ暗…。何も感じず、何のメッセージも浮かびません。それでも時間をかけながら、そこに留まっていたら、ふとイメージが浮かんできました。

小さな、小さな、灯かりです。

真っ黒な、空間に、ポツンと浮かぶ、小さな灯かりです。

もっともっと、近くに寄ってみたら、それは大切に大切に、シンプルだけどとても美しいランタンのような入れ物に入っていました。

あまりに、長い間、自分のこころに幾重にもフタをしていて、私は自分の存在を自分で消してしまったのかと思っていましたが、そうではなかったのですね。

決して消えないように、頑丈で厚い殻でこころ全体を覆い、こころの奥の奥の方に、大切に大切にしまわれて、また再び活躍するのを待っていたのです。

そういうふうにして、私は、私の心を守ってきたのだ と気づいたのです。

そして、再び取り出すことが出来るのは「自分だけ」なのだと思いました。そして「答えは自分のなかにある」と、直感したのでした。

こんな気づきを得ても、私は、とても弱い人間ですから、何回も、そしてこれからも挫折しそうになると思います。もうダメだと思うこともあるし、ネガティブな感情に打ちのめされていることもあるし、あきらめそうになることもあると思います。

だけど、最低1年に一度。こうやって季節が廻り、また冬至がやってくると、再び思い出し、原点に戻ることが出来ることを幸せに思います。

  

|

« ききあい | トップページ | スモーキーグリーン »

子育て・自分育て」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。