« お月さまと 五線紙 | トップページ | 2010年 あけまして おめでとうございます »

2009年 ありがとう

2009年が終わろうとしている。

20091231_001

今年は、たくさんの人、自然、モノたちの出逢いのなかで、たくさんの小さなワンダーを見出し、感じ、こころに留めた、しあわせな2009年だったと思います。

そして、刺激を受けあい、人間として尊敬しあい、たくさんの感じあえる、いとおしくて、とても大事な こころの友たちに何回もふたたび出逢い、感動した、とても、めぐまれた1年でもありました。

私は、無宗教人間だけれど、「目に見えないものに対して敬意を払う」というこころを育ててくれたのは、父方の祖母だと思います。祖母の押し付けには、とことん抵抗したけれど、目に見えないものに対して純粋に敬意を払い、大事にする祖母の毎日の姿から、私はいろんなことを学び、小さなワンダーを見つける力も育てられたようにも思います。

              

もちろん拒絶したくなるような、こころを麻痺させたくなるような、大変なことも、嫌なことも、困ったことも、打ちのめされたことも、たくさんありました。

だけど、「感じないことほど、不幸なことはない」と最近思います。

どんな惨めな自分でも、どんな大変な状況になったとしても、<感じるこころ>、<自由にしなやかに動くこころ>を感じなくさせてしまうことほど、悲しいことはありません。

そう思っている私も、まだ昔のクセが残っていて、ふとした拍子にでてしまうことがあります。
そのクセとは、一時的に、自分を守るために「感じなくさせる」。
でも、それは一時的を通り越して、いつのまにか<感じるこころ>を硬い殻のなかに閉じ込めて、「自分が自分であること」がわからなくなってしまったこともありました。

昨日書類を整理していたら、2008年に講演を聴いた、家族カウンセラーの中尾英司先生の2008.5.17週刊東洋経済に掲載された記事が、目に入りました。

「そもそも『生きる』とは、どういうことか。充実した時間、悲しみに沈む時間……時間はそのときの感情とともに長くなったり短くなったりする。その感情が満足するまで、その時間を費やすことが、生きるということだ。」

「気持ちとは自分そのものである。だから、親に気持ちを受け止めてもらえなければ、存在不安を持つ。また、自分の気持ちで行動しなければ、自分の背骨ができない。つまり、自立できず何かに依存しようとする。」

   ・ ・ ・  

ちゃんと感じることの強さを、私のなかに、育てていきたい。

これからも<感じるこころ>を大事にしていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドキドキして、苦しい

苦しくなるほど ドキドキする

あまりに 苦しくて 涙がでてくる

強く心を動かされるから

それが 

あなたの 

いのちの 輝き

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたに、

出逢えて

ほんとうに 

よかった。。。

20091231_037

|

« お月さまと 五線紙 | トップページ | 2010年 あけまして おめでとうございます »

雑感」カテゴリの記事

コメント

あなたに 出会えて よかった。

今の私が あるのは あなたのおかげ

ありがとう。

投稿: かずこ | 2010年1月 1日 (金) 12:07

◆かずこちゃん

こちらこそ、ありがとう☆彡

投稿: プレモワンモ | 2010年1月 1日 (金) 23:38

この記事へのコメントは終了しました。

« お月さまと 五線紙 | トップページ | 2010年 あけまして おめでとうございます »